クリニックブログ

  • HOME
  • 医院コンセプト
  • 医院のご紹介
  • 診療内容
  • スタッフ
  • 診療時間・アクセス
  • クリニックBLOG

6/1より通常診療を行います。

〜〜〜〜 6/1より通常診療のお知らせ 〜〜〜〜

新型コロナウイルス感染症対策として、診療時間短縮にご理解とご協力いただき、
誠にありがとうございます。

昨日、東京都も非常事態宣言の解除が発表されました。
つきましては、当医院の短縮診療は5月29日(金)までとし、6月1日(月)より
通常診療を行うことといたします。

ただし、徹底した院内感染対策は継続して参りますので、引き続き検温や院内での
マスク着用などにご協力ください。何卒よろしくお願い申し上げます。

全身の健康には、まず口腔内の状態を良好に保つことが、何より重要であることを
意識して日々をお過ごしください。
当医院は患者様の健康のサポートを使命とし、今後も万全たる感染症対策を行いながら
診療を行って参ります。

短縮診療延長のお知らせ

〜〜〜〜 短縮診療延長のお知らせ 〜〜〜〜

感染症対策に対し、診療時間短縮にご協力いただき誠にありがとうございます。
情勢を考慮し、実施期間を延長することといたしました。

実施期間に関しましては今後の政府からの発表によりますので、
ご予約の上、受診下さいますようお願いいたします。

患者様・スタッフの安全のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

皆様の健康のために

top_covid%203.jpg

感染症対策に対し、診療時間短縮にご協力いただき誠にありがとうございます。
皆様においては、非常事態宣言の最中、新型コロナウイルスに関する様々な情報が飛び交い、
不安な日々をお過ごしかと思います。

日本中が自粛に努めている中、お口の中を触る歯科医院へ通院してよいものかと、
考えてしまうかもしれません。
しかしながら、本来歯科疾患は全身疾患との関連性も深く、早めの対処、
特に予防が重要と考えます。
そのため当医院では、日頃よりメインテナンスにも力を入れています。

不衛生な口腔内は、腸内環境の乱れによる免疫力の低下、
中高年の誤飲による肺炎のリスクを高めます。
また、歯周病菌が全身に及ぼす危険性はご存知の方も多いと思います。
お口は喉、肺、消化器官などと直結しているため、口腔内を清潔に保つことは、
ウイルス感染への水際対策となります。

『「ウイルス感染に対抗する歯科の重要性」として、口腔健康管理(口腔清掃)は
ウイルス感染対策に有効という情報もあります。(参考:日本歯科医学連合会ホームページ)』

とはいえ、クリニックへの往復の移動や日常生活内で感染症にかかる可能性は
ゼロではないので、通院には充分な注意が必要です。
また、普段よりご自身で感染症予防が難しい方、体調が優れない方、
その他にご高齢の方、持病のある方(糖尿病、心疾患、呼吸器疾患といった慢性疾患)は、
念のため現在は通院の自粛をお願いしております。

〜通院を延期、一旦中断する患者様へ〜
しばらく通院をお休みする方、延期をされた方は、症状が悪化しないよう下記に努めてください。
・しっかりとしたブラッシング、ホームケアの実施
・十分な睡眠とバランスの良い食事(免疫力の向上)
・ストレスを溜めない規則正しい生活
・マウスピース装着の継続
・禁煙

様々な自粛、マスクやうがい・消毒などの物理的な予防はもちろん大切ですが、
最も重要なことは「私たち自身で自分の免疫力を高めること」です。
それには栄養の有るものを不自由なく美味しく食べ、体にエネルギーを供給し、
笑顔を絶やさず健康に過ごすことが必要です。
それには、口腔内のケアは欠かせません。

歯科医師はじめ全てのスタッフが、患者様の免疫力アップ・健康のサポートを使命とし、
医療物資不足の中、感染症対策を徹底し診療を行っています。

患者様には日頃の体調管理、感染症予防にご留意いただきますとともに、
この難局を共に乗り越えていきましょう。
情勢が落ち着きましたら、中断、延期をされている患者様はお振替の予約をお取りください。
こちらからも随時ご連絡をさせていただきます。

受診される患者様へお願いいたします。

〜〜〜〜 受診時のお願い 〜〜〜〜

このたびのコロナウイルス感染症拡大による「緊急事態宣言」に対応し、
現在、診療時間を短縮し診療を行っています。
受診の際は、前もってご連絡をくださいますようお願いいたします。

なお、受診の際は下記の実施にご協力をお願いいたします。
・待合室でのマスク着用
・簡単な問診
・検温(可能な方は、受診前に済ませてお越しください。)
・身体の除菌、手洗い、うがい
・咳エチケットとして、治療中のハンカチまたはティッシュの携帯

なお、微熱のある方や体調がすぐれない方は決して無理をせず、
予約の調整を行いますのでご連絡ください。

患者様・スタッフの安全のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

インプラント YEARBOOK 2020

20200414.jpg

新型コロナ感染症対策として、予約調整などにご協力とご理解をいただき、
皆様へ心より御礼申し上げます。

今回のブログは、院長と歯科技工士 犬飼徹さんとの共同執筆記事のご紹介です。
犬飼さんは、長年お世話になっている技工士さんの一人です。
調和のとれた被物を製作するためには、歯科医師と技工士との連携も重要です。
こちらは専門誌となります。

土屋 賢司・犬飼 徹
インプラントAadvaシステムの臨床応用とラボコミュニケーション
別冊 ザ・クインテッセンス
インプラント YRARBOOK 2020
クインテッセンス出版株式会社

一刻も早く日常生活が戻りますよう、私たち一人一人が出来ることを実行しましょう。
急なお痛みや不具合には迅速に対応しますので、その際は遠慮なくご連絡ください。

4/13〜 診療時間短縮のお知らせ

〜〜〜〜 診療時間短縮のお知らせ 〜〜〜〜

この度のコロナウイルス感染症拡大による「緊急事態宣言」に対応し、
短縮診療を実施することといたしました。
実施期間に関しましては今後の政府からの発表によりますので、
ご予約の上、受診下さいますようお願いいたします。

患者様・スタッフの安全のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ご予約を延期された患者様へ

このたび、コロナウイルス感染拡大にともない、一部ご予約の延期や変更に
ご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
また、治療を一時中断されている患者様、不具合はございませんでしょうか?

口腔内の衛生状況を良好に保つことは、免疫力向上につながり、感染症予防の一つです。
特に歯周病や虫歯リスクの高い方、糖尿病、心疾患などの基礎疾患をお待ちの方は、
口腔内の衛生状態の悪化は健康に大きな影響を及ぼします。

情勢が落ち着きましたら、中断、延期をされている患者様はお振替の予約をお取りください。
こちらからも随時ご連絡をさせていただきます。
当医院は今後の政府の発表を考慮しながら、感染症対策を万全にし診療を行って参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

コロナウイルス感染症拡大における診療体制について

20200406.jpg

「新型コロナウイルス感染拡大に対し、当医院の対策及び体制に関して」

当医院では厚生労働省などからの情報をもとに、最善と考える以下の感染予防を
実施しています。
また、今後の診療体制は政府の発表や指示を考慮し、患者様の治療に影響がない範囲で、
診療制限を実施することといたしました。

大変お手数ですが、下記をお読みいただき、患者様・スタッフの安全のため、
ご協力とご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

<新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ>
以下の症状がある方は、一旦治療をキャンセルしていただき、各都道県等が
設置している電話相談窓口へ連絡をしてください。
「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上継続している
・倦怠感や咳の症状など気苦しさがある
・2週間以内に新型コロナウイルス感染症流行地域から帰国した
・新型コロナウイルス感染症の方及び、感染症検査を行っている方と濃厚な接触があった

<体調が通常の方へ>
恐れ入りますが、患者様・スタッフの安全を考慮し、以下のような診療体制で診療を行います。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

・ご予約の延期依頼(主にメインテナンス)
・診療時間の短縮及び、変更
(診療体制に応じて、急遽担当を変更させていただく場合があります。)
・スタッフの医療用ゴーグル、キャップ、マスク、グローブ、シールド着用
(着用しながらのご説明や接患、接遇を行う旨、ご了承お願いします。)

なお、ご予約変更の依頼や受診の確認など、必要な患者様へご連絡をしております。
お忙しいかと存じますが、連絡があった患者様は、折り返しのご連絡をくださいますよう
ご協力をお願いいたします。

また今後の政府の発表や医療物資の供給不足、交通機関の状況などにより、
診療体制を急遽変更する場合もあります。
出来る限り迅速な対応に努めますので、受診前に当医院のホームページ内
「ブログ」または「News & Information 医院からのお知らせ」をご覧いたただくか、
お電話にて診療状況をご確認ください。

<受診される患者様へお願い>
当医院へ受診される際は、以下の点についてご協力をお願いいたします。

・待合室でのマスク着用
・身体の除菌、手洗い、うがい(出来る限り消毒液をご用意いたします。)
・簡単な問診
・検温(必要と判断した場合)
・咳エチケットとして、治療中のハンカチまたはティッシュの携帯
(治療中、稀にむせてしまうことがあります。ティッシュはご用意しています。)

<当医院の感染対策について>
当医院はこれまで患者様にベストな治療を提供したく、専門性を重視した高度な治療を
行って参りました。そのスタイルは多くの方にご支持いただき、患者様の中には
医療従事者の方も多くいらっしゃいます。
そのため、日常より感染症対策には万全を期しており、対策のための機材導入や
スタッフ教育などにも力を入れております。

・安全かつ強力な弱酸性次亜塩素酸除菌水の噴霧
・業務用空気清浄機での汚染物質の除去
・高性能滅菌器による歯科治療器具の徹底した個別滅菌
(詳しくは当医院ホームページ内、導入設備紹介ページをご覧ください。)
・次亜塩素酸除菌水による、共用部の定期的な除菌清掃
・患者様ごとにディスポーザブル品の使用(グローブ・コップ・エプロン等)
・スタッフへの感染対策に関する教育及び、体調管理の徹底

今後も患者様、クリニックスタッフの安全と健康を優先とし、最善と思われる体制で診療を行って参ります。
ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

最終回 nico連載 リターンズ!

20200401.jpg

皆様の中に、被物と歯ぐきの境目が黒く見えたり、歯ぐきに暗い色が透けていて、
笑顔がつい控えめになってしまうなんて方はいませんか?
当医院ではそういったことができるだけ起こらないように、
土台の歯にも工夫をこらしてた治療を行っています。
今回いよいよ最終回となったnicoの連載は、その点について解説しています。

nico 4月号(クインテッセンス出版株式会社)
超図解アーカイブス リターンズ!
Dr.土屋の知りたい!補綴のメカニズム
最終回 歯ぐきに濃い色が透けて気になる?
前歯の審美治療への「土台の歯」の影響は?

あなたの素敵な笑顔づくりのお手伝いができれば幸いです。
是非ご覧ください!

コロナウイルスの悲しく不安なニュースが続いています。
しかしこんな時だからこそ、受診くださる患者様、困っている患者様のため、
平常心で診療に努めたいと思っています。
当医院ではウイルス対策を徹底し、通常通り診療を行っていますので、
お困りの方はお気軽にご相談ください。

コロナウイルス対策 Vol.2

20200325.jpg

東京オリンピックの延期が決定し、コロナウイルスの影響は計り知れません。
皆様も不安な日々をお過ごしのことと思います。

患者様とスタッフの安全のため、当医院ではウイルス対策の徹底に努めています。
先日のブログに記載した院内で墳霧している除菌ミストについて、詳しくご紹介したい思います。

受付、診療室に設置した超音波式加湿器より散布しているミストは、
強力な弱酸性次亜塩素酸の除菌水です。
メーカーの試験データからも、約99.9%の除菌効果が示されています。
一般的な次亜塩素酸ナトリウムより、約80倍の除菌力があるそうです。
成分は食品添加物として使用されるものなので、安全性も問題ありません。
さらに濡れた場所でも高い効果を発揮するので、消毒用アルコールより効能です。

また、下記の対策も行っています。
・業務用空気清浄機での汚染物質の除去
・歯科治療器具の徹底した個別滅菌
・共用部の定期的な除菌清掃
・患者様ごとに使い捨て備品の使用(グローブ・コップ・エプロン等)
・スタッフへの感染対策に関する教育

皆様が少しでも安心して治療を受けられるよう、十分配慮しています。
つきましては、受付スタッフもマスクとグローブを着用しております。
ご理解いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。