予防歯科
Prevention Dentistry

予防って何?

健康でいたい!
だから健康管理を....

虫歯発生

虫歯や歯周病の多くは、未然に防ぐことができます。口腔の常在菌は、約400種類。手入れをしなければ、毎日5倍に増え続けるといわれています。

歯ブラシやフロスなどをうまく使っても、歯と歯肉の境目や歯と歯の間には細菌が残ったままになりやすいのです。そして、固まってしまった細菌は、より強力な毒素を出して炎症を起こします。

虫歯・歯周病の進行
の仕方

虫歯とは、
歯が崩壊する病気です

虫歯の進行度

C0

表面が白く濁った色になり、まだ穴はあいていませんが、進行する可能性が高いので注意が必要です。

C1

エナメル質に穴ができます。自覚症状はほとんどないので、気づきにくいです。

C2

エナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいものがしみるようになってきます。

C3

歯の神経まで虫歯に侵されています。非常に強い痛みを感じます。

C4

歯の全体が虫歯に侵されています。歯を残すのが難しくなります。

虫歯の予防や、治し方については、下記のボタンをクリックしてご覧ください。

虫歯の予防・治し方について

歯周病とは、歯周組織
(歯を支えている歯茎やその周りの骨)の病気です

虫歯の進行度

P1:軽度

歯茎の縁をはじめ歯の周りの組織に炎症が起きる状態です。骨吸収1~3mm

P2:中等度

炎症が広がり、ちょっとした刺激で出 血しやすくなります。骨吸収3~5mm

P3:高度

歯肉がブヨブヨしていて細菌感染しています。口臭の原因になります。骨吸収5mm以上

P4:著しく高度

歯骨の吸収が著しく歯がグラグラ動き、歯が抜けてしまうこともあります。骨吸収5mm以上

歯周病の予防や、治し方については、
下記のボタンをクリックしてご覧
ください。

歯周病の予防・治し方

予防の効果<歯の本数>

虫歯の進行度

予防治療を受けていない51-65歳の人々の歯の本数は図のグラフ左側のような状況でした。28本全ての歯が揃っている人はわずか10%程度で、20本以下の人も多くいました。

グラフ右側の状態は、研究を始めた時点に21-35歳だった人々が、30年間の予防治療を受け、2002年に51-65歳になった時点での歯の本数の分布です。

28本全ての歯を保っている人が40%近くで、20本以下の人はほとんどいません。このように日々の予防への意識やプロによる、メインテナンスが重要であることが解ります。

メインテナンスの仕方教えて!

ブラシング指導

前歯の表側、裏側、奥歯、歯が重なり合っている所、糸ブラシの使用法、舌の磨き方、被せ物のメインテナンスなどを図で説明しながらご指導いたします。

詳しくは下記のボタンをクリックして歯磨きの仕方ページをご覧ください。

メインテナンスの仕方

TDC&worksでの予防歯科

当院の予防歯科

どうしてわざわざ歯科医院まで行って歯のケアをしなければいけないのか、と思う人は多くいるでしょう。

どうして歯科医院でケアしないといけない理由や、TDC&worksの予防歯科は他院の予防歯科と何が違うのかについて、下記のボタンをクリックしてご覧ください。

TDC&worksの予防歯科

千代田区麹町の歯科医院
土屋歯科クリニック&works

〒102-0093
東京都千代田区平河町 1-4-12 平河町センタービル1F

TEL.03-3288-0157

診療時間 日祝
10:00 - 13:30
15:00 - 18:30







休診日日曜・祝日

土曜診療・臨時休診日に関しましては、
診療カレンダー及びNewsをご確認ください。

土屋歯科クリニック&works

アクセス

  • 有楽町線………「麹町駅」 1番出口より徒歩1分
  • 半蔵門線………「半蔵門駅」 1番出口より徒歩5分
  • 半蔵門線………「永田町駅」 9b番出口より徒歩5分
  • JR・丸の内線…「四ツ谷駅」 麹町口より徒歩10分

Calendar

診療カレンダー

©︎麹町の歯医者|土屋歯科クリニック&works|二つ星認定医院